田舎の副業で稼げる仕事のオススメ

スポンサーリンク

お金がないッ!

そんな悲鳴を日夜上げている全田舎のみなさんこんにちは。

毎月雀の涙のようなお小遣いで凌いでいるんですよね。私もそうだったからよくわかります。

私は和歌山の片田舎住まいですが、かつて小遣いの少なさは誰にも負けていませんでした(自慢)。

日常のちょっとした買い食いすらもガマンする日々。ペットボトルの水を飲んでいる人を見ては「ああ、この人は自分より金持ちだ」とむなしい劣等感を感じていました。たった150円の出費すら痛かったのです。

ですが、この記事に書いたような副業を実践してから、世界が変わりました。

小遣いとは別に、毎月数万円の定期収入が入るようになったのです。

月一万円増えるだけでも心の余裕がまったく違います。

今はもう、少なくとも150円のペットボトルを買うときに躊躇しない程度にはお金持ちになりました(笑)

このやり方は、インターネットに繋がっているパソコンさえあれば誰にでも始められてお金もかかりません。

しかも一度軌道に乗りさえすれば、何もしなくても定期収入が入り続けます。

ちなみに悪徳商法とはまったく違って、誰に言っても安全な、ごくまっとうなお仕事です。

田舎ではこのジャンル自体があまり知られていないため、「何それ?」と怪訝な顔をされることはありますが、ライバルが少ないから逆にチャンスなんですね。

しかも!

この世界でトップクラスの人の年収はなんと5,000万を越えます。

芸能人レベルですね。

さすがにそこまでいくには相当の努力が必要ですが、私のように「月数万円あるだけでもずいぶん助かるのになぁ」という人には超絶オススメです。

この記事ではその方法をこっそり教えちゃいますね。

スポンサーリンク

お金がなかった頃の悩み

冒頭でも書いたように、以前の私にはとにかくお金がありませんでした。

月のお小遣いは二万円。

これだけ聞くと「なんだ結構もらってるじゃん」と思うかもしれませんが、この二万円の中には会社での昼食代、携帯電話代、そして通勤に使うガソリン代も含まれています。

・弁当代 月22日×500円=11,000円
・携帯電話代 4,000円
・ガソリン代 5,000円
・合計 20,000円

そう。必要経費だけで小遣いがすべて飛んでしまうのです。

つまり私の小遣いは実質ゼロでした。

昼食をときどきカップラーメンにして少しずつ浮かしたりしていましたが、それも焼け石に水です。

お金がないので飲み会や遊びの誘いは全部断っていました。会社の忘年会さえも、何かと理由をつけては欠席していました。そのせいですっかり「誘っても来ない」イメージがついてしまいました。

本当は行きたいのです。ですが飲み会にいくと一回で4~5千円は飛びます。たった数時間で五千円の出費は痛すぎました。

さらに田舎だと電車がないので飲んでしまうとタクシーか運転代行で帰らなければいけません。だからどうしても参加しなければいけないときはお酒を飲まずウーロン茶ばかり飲んでいました。代行代を浮かせるためです。

また、私はマンガ読むのが好きで、以前は色々買い集めていましたが、それもやめました。

本屋さんにいくと面白そうなマンガがたくさん並んでいて、いいなあ、読みたいなあ、と毎回後ろ髪を引かれます。

悔しいので、いつか読めるようになったときのためにと、スマホのメモ帳に面白そうなマンガのタイトルをメモしていました。その「いつか」がいつになるのかもわからないまま。

服もほとんど買いませんでした。

こんな生活をしているとユニクロさえも高く感じます。

自分さえ気にしなければ意外と服は何年も買わなくてももつんだなあとこのときに知りました。日本の服は優秀です(笑)

友人と遊びに行くこともしませんでした。

遊ぶと必ずお金がかかります。ちょうど子育ての最中だったので、断る理由としてはちょうど良かったのですが、釣りやパチンコやサークル活動を楽しむ同僚を尻目に会社と家を往復するだけの日々が続いていました。

(とはいえ子供の小さい頃に一緒の時間を過ごせたので、後悔はしていません。おかげで周囲の中では、子供と過ごした時間はダントツで一位の自信があります(笑))

そんな生活になんとか自分を納得させていましたが、心の奥底では切実でした。

買い食いしたい!外食もしてみたい!たまにはお酒飲んでバカ笑いしてみたい!でも何よりとにかくマンガ読みてえええ!読み漁りてえええ!

そんなときに出会ったのが、このあとに紹介する「ブログを書く」ことでした。

最強の副業はブログを書くこと

「ブログ」という言葉を聞いたことがない人はほとんどいないと思います。

でも「ブログを書いてる」と言うと、「ああ、日記みたいなもんでしょ」という返事が返ってきます。

そういうときは説明するのが面倒なので「まあそんなもんです」と返すのですが、実は違います。

私は日記を書いてるわけではありません。お金になるような内容を目指して、ブログを書いています。

ブログって超オイシイんです。

タダでできるし時間に縛られないしPC1台でできるし、何より一度軌道に乗ったらほったらかしでも収入が入り続けます。知らなかった人は大チャンスです。

「そうはいっても、何かウラがあるんじゃないの?あとでお金を取られたりするんじゃないの?」

と思った方、その用心深さは大切にしてください。お金儲けをする上で用心深さは大切です。

さて、お金を取られたりすることは、少なくともこの記事に書いている中ではありません。永遠に無料で続けられます。

ただし、より儲けやすくするために、出費をすることはあります(それも年間でせいぜい1~2万円もあればじゅうぶんです)。

でも最初はタダでやるのをオススメします。中には無料ブログで億超えてる人もいますしね。

一番大事なことは続けることです。やっていると「継続は力なり」をマジで実感します。

なぜブログを書くことがお金になるのか

「ブログを書いて何の収入になるの? 誰かから原稿料をもらうの?」

いいえ、違います。

中には原稿料をもらって書く人もいますが、ごく一部の有名人です。私たちは無名のいち個人に過ぎませんし、そんな人に原稿料を払う会社はありません。

では、何か。

答えは「広告料」です。

一口に広告料といっても種類があります。

ブログの広告は、雑誌や新聞の広告のように一枠いくらという広告ではありません。

その広告を見て、実際に誰かが買うことがあったら、そのときに初めてお金を払いますよ、という広告です。

要するに歩合制ですね。

成果が出ない限りは1円も払われませんが、成果が上がれば収入は青天井です。

これを成果発生型広告といいます。

広告を具体的に見てみよう

インターネット広告は、ふだん意識していないかもしれませんが、実は至るところで目にしています。たとえばヤフーのトップページ。右の欄に動画がありますよね。これもインターネット広告です。

ブログで稼ぐとは、この広告を上手に使って広告料をゲットしていくことです。

さて、この成果発生型広告について、もう少し具体的に解説します。

雑誌広告とちがって、成果発生型広告は経験のない人でも誰でも参加できます。

この世界で有名なA8ネットというサービスがあります。ためしに覗いてみましょう。

A8.net

中身を見るには登録する必要があります。

登録は無料ですし、スマホからでもできます。その後も永遠に無料で利用できます。どこかを間違ってクリックしたからといってお金を取られたりすることもありません。

ただしメールがよく届くようになるので、それがイヤなら普段使わないメールアドレスを登録しておきましょう。

ちなみにふつうはブログを作ってからでないと登録すらできないのですが、このA8ネットは唯一ブログを作る前から登録できます。なので様子見にちょうどいいんですね。

さて、ここからは登録を済ませた前提でお話をします。次は具体的にお金を得るためのブログの書き方についての解説です。

まだ登録を済ませていない方はこちらからどうぞ。

A8.netの申し込みページ

お金を稼ぐためのブログの書き方

たとえばあなたがパチンコが趣味だとします。

A8にログインして「パチンコ」で検索するといくつか広告案件が出てきます。

・中古スロット機の販売

・パチンコ店スタッフ募集

など。

ブログを開設したら、こういうのを意識しながら記事を書いていきます。

最初は肩慣らしに、今日はどの機種で買った負けたという話でもいいです。

ちょっと慣れてきたら、そういや昔は初代北斗や吉宗にハマってたよな、4号機楽しかったよな、というような記事(あくまで例です)を書いて、その下に中古スロット機販売の広告を貼ります。

読んだ人が、同じように「そうそう!昔の機種も楽しかったよな。懐かしいな…」と思ってその広告をクリックしてくれて、中古スロット機を買ってくれたら、その数%があなたに支払われるというわけです。

ここで、

「なんだ、たった数%か・・・」

と思った方、あなたは数の恐ろしさを知らない!

たしかに1人や2人なら収入もしょぼいでしょう。

でも、それが100人になったら?

それだけで数万円になりますよね。

ブログは一度作ってしまえば、あなたが寝ていても勝手に誰かが見てくれて、勝手にお金が入る商売です。

数%も1年積み重なれば大きな収入になるのです。

他にもたとえば「パチンコ店のバイトって意外と時給いいよな」って思ったことありませんか?田舎でも時給1,000円超えてたりしますよね。

そうしたらそう思った記事を書いて、その下にパチンコ店のバイト募集の広告を貼る。

すると読んだ人が「へ~パチンコ店のバイトってこんなに時給よくてオススメなんだ。ちょっとやってみようかな」と思って、登録してくれたら、1件につき○○円といった感じであなたにお金が支払われます。

こんなあんばいです。

ここでひとつだけ注意点。

書くならぜひ興味のあるジャンルにしてください。

興味があるからこそ書くモチベーションが出るんです。

広告案件は本当にいろんなものがありますが、全然興味のないジャンルを選んだって、つまらない記事しか書けないし、何より続きません。

一番大事なのは続けること。だから書いていて楽しいジャンルにしてくださいね。

ブログのメリットとデメリット

デメリット

デメリットは一つだけ。

成果が出るまでに時間がかかることです。

最低でも3ヶ月ぐらい続けないとなかなか収入になりません。

幸い私は文章を書くのがイヤじゃないので続けられていますが、中にはそうでない人もいるでしょう。

だから最初は無料ブログで始めて、いくつか文章を書いてみて、嫌だったらそのまま放置してやめればいいし、続けられそうだなと思ったら続けてみてください。

メリット

儲かりだしたらほったらかしにできる

先ほどもお話ししたように、ブログは人が集まり始めたら勝ちです。

家事していたりゲームしていたり寝ている間にも誰かが見てくれて、広告をクリックしてくれて、着々とお金が増えていきます。

誰にも気づかれない

田舎で稼いでいると何かと妬まれますよね。

だけどブログの場合はそんな心配は無用です。

作業はパソコン一つで完結するので、稼いでいることが外に漏れる心配はありません。自分から言わなければ、収入が入っていることは税務署しか知らないのです。

実際、私がブログをやっていることを明かしているのは都会にいる友人だけ。他は誰も知りません。

「副業で月○万円ぐらい稼いでるんだ」なんて言いませんよ。

こうやって人知れず稼いでるってわけです。

ブログを開設してみよう

まずはブログを開設します。これがないと何も始まりません。

無料で利用できるブログサービスはたくさんありますが、代表的なものを2つ紹介しておきます。

はてなブログ
ライブドアブログ

どっちでもいいです。スマホからでもできます。「ブログをはじめる(開設する)」というボタンがあるのでそこから進んでください。

ブログのタイトルは最初は適当でいいです。自分の名前を使って「リョータのブログ」とかでも全然OKです。変えたいときはいつでも自由に変えられます。

記事を書いてみよう

先ほども書きましたが、書く内容は自分にとって興味がある、書きやすいジャンルを選んでください。

パチンコでも車でも釣りでもなんでもいいです。これがブログの方向性になります。

趣味や興味が色々あってジャンルが定まらないときは雑記でも問題ありません。

最初はなかなか読者の目に止まりません。なにしろ無名の人が書いた無名のブログなのですから。

それでもがんばって記事を書いていると、やがて読者の目に止まり、広告収入も増えてきます。

ブログは1日や2日で成果が出るものではありません。

慣れないうちは記事を書くのも苦労するかもしれませんが、やっているうちに慣れてきます。

収入を得る楽しみ以外にも、上達する楽しみがあります。お仕事と思わずに趣味のつもりでやると楽しいです。

ブログを書く上でのNG事項

他人の記事をそっくり真似ること(コピペ)はやめてくださいね。

いつまでたっても効果が出ない上に、下手すると訴えられます。

ヘタでもいいので、必ず自分で記事を書いてください。

おわりに

冒頭に書いたように、私はブログのおかげで日々の小遣いには困らなくなりました。

マンガも買えます。飲み会にも行けます。もちろんペットボトルの水も買えます(笑)

元手がいらず、自分の都合のいい時間に作業を進められて、一度収入が入り始めればそれがずっと続く。また、がんばれば月100万を超える夢のある商売でもあります。

こんなすばらしい稼ぎ方はありません。

この記事を読んだ方には、この喜びをぜひ味わってほしいと思っています。

A8.net

なお、自分が働く以外にもお金を稼ぐ方法はあります。

完全ほったらかしでお金を増やす方法とは?

それに関してこんな記事も書いてます。よければどうぞ。

[kanren id=”53″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました